オフィスホラー『Yuppie Psycho(ユッピーサイコ)』日本語に対応してSteamで配信開始

『Yuppie Psycho(ユッピーサイコ)』をSteamにて配信開始。 日本語に対応して、 価格は1730円(5月3日までは10%オフの1557円)で購入可能。
のちにはNintendo Switch版の国内発売を控え、TOKYOSANDBOX 2019の展示ではPS4の機種のロゴも確認。

『Yuppie Psycho』は、Baroque Decayが手がける、ディストピアな90年代を舞台にしたホラーアドベンチャーゲーム。主人公となるのは、新社会人の青年Brian Pasternak(ブライアン・パスターナック)。低い階級の地方出身の青年で、ある日、世界有数の会社であるSintracorp(シントラ)本社から、招待状とともに就職のオファーが届くところから物語は始まる。

敵か味方か、ちょっと陰鬱で癖のある同僚たちとの交流や、不思議生物風のクリーチャーや罠が主人公に襲い掛かるのを謎解きアクションで潜り抜けるのがひとつの魅力のゲーム。
ゲーム記事によると、幾度も重大な決断を迫られ、それによって結末が変化していくマルチエンドらしい…!
2019年4月25日にリリースしたばかり。 独自に攻略する楽しみが十分にあります。